【ポールスミス】サポートサーフェス 2015-16年秋冬コレクション – タイムレスな気品に、無邪気な軽さを添えて

ポールスミス

サポートサーフェス(support surface)が2015年3月20日(金)、東京六本木にあるザリッツカールトン東京にて、2015-16年秋冬コレクションを発表した

今季のテーマは「noble innocence (品格と無邪気さ)」シャンデリアのあるボールルームがショーの会場となり、格調高い空間の中でコレクションが披露された

真っ赤なタートルネックとベージュのタックスカートという、クラシックなルックからショーが始まり、その後は白いVネックにピンクベージュのボトムが登場ポールスミス ベルト 偽物日常的でありながら色合いや、無駄のないデザインから控えめな上質さが伝わってくる

前半は、トラッドなチェック柄の服が台頭トレンチコートであったり、ジャケットであったり、アシンメトリーなスリーブのドレスであったりと、マニッシュな模様をあらゆるアイテムに落とし込んでいるポールスミス 財布 コピー模様は秋冬らしい重厚感があるものの、素材を軽やかにし、シルエットもクリーンに仕上げることで、重苦しさのないワードローブへと昇華している

また滑らかなレザー調のライトなコートや、ハリネズミのようなモヘア糸によるボアコートなど素材へのこだわりは強く、実に多彩前後左右で印象がガラリと変わるデザインや、部分的な素材使いが目立ち、トップスやワイドパンツのフロントや、コートの胸下にボアをあしらったピースが印象的であったこれらはデザイナーの研壁宣男が「一着で物語が完結するように」と、アクセサリーに頼らず存在感のある服づくりを目指すことで実現している

ショー終了後のインタビューでは、発表したばかりのコレクションの一部を、記者たちに見せ、試着してもらいながら、素材の説明を行う研壁ボンディングの質感からジップの色まで、一着一着への細やかな配慮が、コレクションに自然に品格を与えるのだと感じた突飛な煌びやかさに頼ることなく、気品に満ちたワードローブの数々は、幅広い年齢の女性たちに寄り添い、さりげなく華を与えてくれるのだろう