【ルイヴィトン】カルバン・クライン コレクション 2015年秋コレクション – モノクロ映画の世界は、男臭さとともに

ルイヴィトン

カルバンクライン コレクション(Calvin Klein Collection)の2015年秋コレクションが発表されたランウェイショーには、2015年春夏シーズンの広告に起用されたクラークボックルマン始め、10人もの専属モデルが登場した今シーズンパワフルで男性的なアイテムの数々が披露された

 

白黒映画にインスパイアされたという今シーズンは、モノクロのカラーパレットが中心その中で、同じグレーでも濃さに強弱を付けたりと、巧みの技で色のバリエーションを多く持たせているヴィトンコピー商品また、光沢のあるビニールとアニマルプリントを投入することで、色合いにモダンなスパイスを効かせる

コレクションのメインとなるのは、魅力溢れるアウターたちボリュームのあるダブルのオーバーコート、パーカ、マント、襟に子羊のファーが付いた七分丈のパイロットジャケットなど、クラシカルなものを現代的なカッティングとシルエットで再現したボンデッドフランネル、メランジウールとカシミア、プリントツイードなど贅沢な生地が、コレクションにラグジュアリー感を持たせているのも特徴

ボリュームのあるアウターには細身のパンツを合わせて、またすっきりとした上半身には、ワイドなパンツを履いて、両極端な要素をミックスしたスタイルを提案ヴィトン コピー バック上下でしっかりバランスをとったコーディネートが、男らしいプロポーションを際立たせるそこに滑らかな牛皮とパテントレザーを使ったフィールドブーツを履けば、映画の中のスターが街を闊歩するような、男臭い雰囲気の完成だ