【ブランド】メゾン マルジェラ 2015-16年秋冬コレクション – 計算された不完全さとそこに宿る美しさ

ブランド

2015年3月6日(土)、メゾン マルジェラ(Maison Margiela)の2015-16年秋冬コレクションが、パリで発表された

新クリエイティブディレクターのジョンガリアーノが手掛けるファーストコレクションどんなものが飛び出してくるのか、皆の期待が高まるなか、太く直線的なブラックラインのアイメイクが施されたモデルが登場し、ショーは幕を開けた挑戦的な眼差しは、ガリアーノの強い意志を物語っているのだろうか

これまで偶発的に生まれる美しさを描いてきたブランドガリアーノが目指すのは、計算されつくした不完全さとその中に宿る美展開されるアイテムは、何かが不足している気がしてならない例えば、インサイドアウトのワンピースマスキュリンな印象を与える、ストライプ模様だが、袖の部分からは、ランジェリーライクな裏地が見えているつなぎ目はほつれ、裾は切りっぱなしのままそこから生まれるもろさが、女性の儚さを訴えかけてくる

一方で、ブランドの根底にあるクラシックなスタイルは尊重されているよう細みなシルエットのロングコートやミニスカートなどが展開サファリジャケットの裏地を引き伸ばし、コート部分を後ろへ移動させアタッチメントすると、ドレスになるといった仕掛けは、ブランドならではの面白みではないだろうか

今季は花の落とし込み方にも、心が惹かれたオーガンザで覆われた花模様は、ポラロイドからインスピレーションを得たものそれをフラワープリントのニットジャカードと組み合わせたワンピースは、懐かしみのある色みが乙女心をぐんぐんと刺激するまた、ベルベットジャケットに散りばめられた刺繍も、愛らしいものだった

 

ガリアーノが展開するセンシュアルな魅力は、言葉で述べる価値がないほど、視覚に訴えるものがある足に巻き付くような長いオーガンザのストラップドレス、スパンコールをあしらったレースワンピースセクシーな要素は溢れているが、色気だけではない何か複雑なものが心を揺るがす感情をクリエーションにぶつけているようなエモーショナルな力強さと表現するのがぴったりかもしれない

アッパーを引き伸ばしたようなチャンキーヒールシューズや毛足の長いファーをあしらった、ウエッジソールシューズなど、機能性に優れた小物も充実アイコニックな足袋ブーツは、緩やかなカーブラインに改良され、よりやさしい仕上がりに

ほつれ、アシンメトリーなどのデザインから、崩壊ギリギリのバランス感覚が見事に表現されていた今季今後もガリアーノの世界観から目が離せなくなるのを決定づけるコレクションとなった偽物 ブランド 販売

偽 ブランド サイト